日経メディカルのロゴ画像

2004.08.06

【続報】「塩酸チザニジン」と「マレイン酸フルボキサミン」が併用禁忌に

 MedWaveは6月16日、「筋弛緩薬チザニジンとSSRIフルボキサミンの併用で高度の血圧低下が報告された」ことを報じた。その時点で「添付文書に記載がない」とも指摘したが、厚生労働省は7月21日、「塩酸チザニジン」と「マレイン酸フルボキサミン」の併用禁忌とする使用上の注意の改訂を製薬メーカーに指示した。

 塩酸チザニジンでは、「禁忌」の項に「マレイン酸フルボキサミンを投与中の患者」を追加、「相互作用」の項に新たに「併用禁忌」として「マレイン酸フルボキサミン」を追加した。

 一方、マレイン酸フルボキサミンでは、「禁忌」の項に「塩酸チザニジンを投与中の患者」を追加、「相互作用」の「併用禁忌」の項に 「塩酸チザニジン」を追加した。

■ 関連トピックス ■
◆ 2004.6.16 筋弛緩薬チザニジンとSSRIフルボキサミンの併用で高度の血圧低下
CYP1A2阻害による相互作用、現時点で添付文書に記載なし