日経メディカルのロゴ画像

2004.08.04

富士通インフォ、職場のメンタルヘルス学習教材「@心の健康」シリーズ新製品を発売

 富士通インフォソフトテクノロジは、eラーニング教材「e学修@心の健康」シリーズの新製品として、職場で部下を持つ人を対象とした「相談対応のスキルアップ」と「こころのラインケア入門」を8月20日に発売する。併せて、職業性ストレス簡易診断システムの機能強化版「e診断@心の健康v3.0」を10月に提供開始する。

 「相談対応のスキルアップ」の学習内容は、「相談対応の重要性」「相談対応が必要なタイミング」「相談対応に有効な場と雰囲気作り」「積極的傾聴のテクニック」、「こころのラインケア」の学習内容は、「職場におけるメンタルヘルスの意義」「管理監督者の役割」「心の危機管理(自殺予防)」となっている。

 e診断@心の健康v3.0の主な機能強化点は次の通り。

・国内企業の多くが採用している「職業性ストレス簡易調査票の2004年4月改訂版に対応。

・ストレスを強く感じていて面談を必要とする従業員の検索機能を強化。

・@心の健康シリーズの教育コンテンツ「セルフ・ストレスコントロール」との連携機能を追加。

・不正アクセス監視機能やデータの暗号化など、個人情報保護機能を強化した。

 価格は、「相談対応のスキルアップ」「こころのラインケア入門」が27万3000円から、「e診断@心の健康v3.0」500ユーザー版が81万4000円から。セミナーやアウトソーシングサービスも展開する。

 プレスリリースはこちらまで。(中沢真也)