2004.08.03

【先取り!日経DI】 8月号特集は「副作用を伝える、尋ねる、見つけ出す」

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は8月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
 8月号の特集は「副作用を伝える、尋ねる、見つけ出す」。副作用の初期症状を患者に上手に伝え、尋ね、見つけ出している薬剤師の方々を取材し、そのノウハウを抽出、「5つのテクニック」としてまとめました。薬の副作用は膨大にありますが、実際に記事に出てくるのはそのごく一部にすぎません。ですが、記事にある「副作用を患者からどう聞き出せばいいのか」という考え方は、いろいろな副作用に応用できるのではないかと思います。

 Interviewでは、前スイショー薬局調剤センター部長の網岡克雄氏にご登場いただいています。内容は特集と完全に連動していますので、ぜひ併せてお読みください。現場の薬剤師にとって、とても興味深いお話しではないかと思います。「薬局のための法律講座」では、薬剤師の患者への副作用伝達の法的意味を扱っています。

 Reportは「知っておきたい 麻薬管理の基礎知識」。記事を読めば「麻薬小売業者」の免許を取得し、薬局で麻薬を扱う上でのポイントが一通りわかると思います。これまで麻薬を敬遠していた薬局・薬剤師にこそ、ぜひ読んでもらいたい記事です(薬局から麻薬金庫が盗まれた事件の真相(?)も載ってます)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正