2004.08.02

FDAがアルコール依存症の治療薬を承認、過去10年で初めて

 米国食品医薬品局(FDA)は7月29日、アルコール依存症の治療薬として、Campral (成分名:acamprosate)を承認した。既にアルコール離脱プログラムを開始している人に対し、離脱を助ける効果があるという。FDAが、アルコール依存症の治療を目的とした治療薬を承認するのは、過去10年で初めて。

 FDAによれば、acamprosateの作用機序は解明されていないものの、アルコール乱用に関連する脳に働きかける作用があるという。アルコール離脱プログラムを行っている患者を対象にした治験では、acamprosateを投与した群の方が、プラセボ群よりも、プログラムを完了する人の割合が大きかったという。

 なお、アルコール依存症で、まだアルコール摂取を続けている人はacamprosateの服用の対象ではない。Acamprosateの販売元は、Forest Laboratories社(ニューヨーク州New York)。

 詳しくは、FDAのニュースリリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正