2004.08.02

腸管出血性大腸菌感染症が200例超で今年最高に

 国立感染症研究所の感染症情報センターが7月29日に公表した2004年第29週(7月12日〜7月18日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、全数報告が義務付けられている3類感染症の腸管出血性大腸菌感染症の報告数が203例と今年最多になった。このうち、石川県が73例と3分の1強を占め、以下、大阪府(10例)、栃木県(9例)、東京都(9例)の順に多い。感染者のうち有症者は129例だった。石川県の症例のほとんどは高校の修学旅行におけるO111感染だった。

 咽頭結膜熱(プール熱)の定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)は29週も前週を上回り、過去10年の年間最高値を上回る最高値を更新し続けている。全国平均値は1.21で前週の1.08から約12%増加した。都道府県別では、埼玉県(2.4)、長野県(2.2)、滋賀県(2.2)が多い。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数の全国平均値は、第22週から3週連続して減少し、1.85になった。しかし、第19週を除き今年7週以降、過去10年間の同時期の最高値を記録している。都道府県別では愛媛県(4.0)、山形県(3.8)、新潟県(3.7)が多い。

 ヘルパンギーナの定点当たり報告数は第20週から増加が続いており、第26週に微減したが、その後も増加している。都道府県別では山形県(8.1)、山口県(7.3)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(7月22日集計分)。
 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ2例、細菌性赤痢11例、腸チフス1例、パラチフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症73例(うち有症者47例)。
 4類感染症:エキノコックス症1例、マラリア1例、レジオネラ症2例、A型肝炎1例。
 5類感染症:アメーバ赤痢5例、ウイルス性肝炎2例(いずれもB型)、クロイツフェルト・ヤコブ病4例(いずれも孤発性)、後天性免疫不全症候群13例(AIDS3例、無症候10例)、梅毒6例、破傷風2例、バンコマイシン耐性腸球菌感染症2例。

 詳しくは、感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:162
  2. いざ本番!失敗しない「試験直前の過ごし方」 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:21
  3. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:121
  4. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  5. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:259
  6. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:213
  7. 米国糖尿病学会が薬物治療ガイドライン改訂案 詳報◎CVDや心不全合併例にはSGLT2阻害薬を推奨 FBシェア数:49
  8. 前日の決定を忘れる認知症患者への対応は? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:98
  9. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:152
  10. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正