日経メディカルのロゴ画像

2004.07.30

アメリカニンジンのサプリは、血栓溶解剤ワルファリンの効果を弱める−−米シカゴ大学の研究

 抗血栓薬のワルファリンを服用している人は、アメリカニンジン(朝鮮ニンジンの一種)のサプリメントをとると、ワルファリンの作用を弱めてしまうことが分かった。米シカゴ大学の研究者らによる研究結果が、「Annals of Internal Medicine」誌に発表された。

 対象者は、研究に同意した20人の健康なボランティア。ワルファリン+アメリカニンジン、ワルファリン+プラセボ(偽薬)をのむ2群にわけ、4週間後の血中ワルファリン濃度を比べた。その結果、アメリカニンジン群はプラセボ群に比べ、血中ワルファリン濃度が有意に低かった。

 アメリカニンジンは、日本でも昔からよく知られている朝鮮ニンジン(高麗ニンジン、薬用ニンジン、オタネニンジン、ジンセンなどとも呼ぶ)の兄弟種で、主に北アメリカで栽培されている。

 アメリカニンジンは朝鮮ニンジンより効き目は穏やかだが、滋養強壮のほか、解熱、消化器の機能改善作用などがある。主な有効成分は、朝鮮ニンジンと同じジンセノサイドと呼ばれる物質。ジンセノサイドには興奮作用があるため、薬物との相互作用を起こしやすい。

 この論文のタイトルは「American Ginseng Reduces Warfarin's Effect in Healthy Patients」。アブストラクトはこちらまで。
(小山千穂、日経ヘルス

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから