2004.07.30

アメリカニンジンのサプリは、血栓溶解剤ワルファリンの効果を弱める−−米シカゴ大学の研究

 抗血栓薬のワルファリンを服用している人は、アメリカニンジン(朝鮮ニンジンの一種)のサプリメントをとると、ワルファリンの作用を弱めてしまうことが分かった。米シカゴ大学の研究者らによる研究結果が、「Annals of Internal Medicine」誌に発表された。

 対象者は、研究に同意した20人の健康なボランティア。ワルファリン+アメリカニンジン、ワルファリン+プラセボ(偽薬)をのむ2群にわけ、4週間後の血中ワルファリン濃度を比べた。その結果、アメリカニンジン群はプラセボ群に比べ、血中ワルファリン濃度が有意に低かった。

 アメリカニンジンは、日本でも昔からよく知られている朝鮮ニンジン(高麗ニンジン、薬用ニンジン、オタネニンジン、ジンセンなどとも呼ぶ)の兄弟種で、主に北アメリカで栽培されている。

 アメリカニンジンは朝鮮ニンジンより効き目は穏やかだが、滋養強壮のほか、解熱、消化器の機能改善作用などがある。主な有効成分は、朝鮮ニンジンと同じジンセノサイドと呼ばれる物質。ジンセノサイドには興奮作用があるため、薬物との相互作用を起こしやすい。

 この論文のタイトルは「American Ginseng Reduces Warfarin's Effect in Healthy Patients」。アブストラクトはこちらまで。
(小山千穂、日経ヘルス

■メールマガジン「サプリ&機能性食品」の登録はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正