日経メディカルのロゴ画像

2004.07.27

西ナイル熱、米カリフォルニアで初の死者、ロサンゼルスなど南部で感染者増加中

 この夏ロサンゼルスへの旅行を計画している人は、長袖シャツと長ズボンを忘れてはならないだろう。カリフォルニア州健康サービス局は7月22日、同州で西ナイル熱ウイルス感染による今年初の死亡者が発生したことを明らかにした。

 死亡したのは、オレンジ・カウンティに住む57歳の男性で、脳炎の症状を訴えて6月中旬に入院し、6月24日に死亡した。予備検査で西ナイル熱ウイルスの感染が判明していたが、7月21日になって州健康サービス局による検査で診断が確定した。

 カリフォルニア州は2003年に西ナイル熱ウイルスが浸入し、初めての感染者が出ている。米国ではこれまでの西ナイル熱の拡大状況から、2年目に大規模な流行が起きることが知られている。今年に入って多数の感染者が発生しているアリゾナ州やカリフォルニア州はこの“2年目効果”によると考えられている。

 7月23日現在、同州で感染者が発生しているのは、同州南部のロサンゼルスとその近郊の4つの郡で、ロサンゼルスで8人、東部のサンバーナディーノで23人、ロス南部のオレンジ・カウンティで1人、同東南部のリバーサイドで8人の計40人に達している。鳥や馬への感染も大半が南部に集中しているが、すでに北部のサンフランシスコ周辺でも死亡した鳥などからウイルスが検出されており、感染拡大は時間の問題と言えそうだ。

 なお、全米では7月20日現在で、182人の感染が確認されている。このうち、軽症の発熱が47人、重症の脳炎・脳症が75人、死亡が4人、不明・未確定が60人となっている。この数値にカリフォルニア州の死亡は含まれていない。

 米疾病対策センターの西ナイル熱情報はこちらを参照。(中沢真也)