日経メディカルのロゴ画像

2004.07.23

「がんの治療に役立つ健康食品(根拠は必ずしも確立されていない)」という表示が可能に?(コラム「医師も戸惑う健康情報」)

 ある薬剤がある病気に対して有効であることを科学的に証明するためには、対照試験が必須である。このことは、医療関係者であればだれでも知っているだろう。通常この場合対照試験といえば、二重盲検ランダム化比較試験である。複数のランダム化試験により同じ結果が出ていればさらに正確さが増すであろうし、その効果の差が臨床的にも意味のあるものであれば、なお有用である。このような医療関係者としては常識と考えられていることでも、まだ一般には浸透していないらしい。

 6月に厚労相から「『健康食品』に係わる今後の制度のあり方について」という報告書が発表された(1)。この報告書では、現行の健康食品の表示規制が厳しいことから、一部の事業者による曖昧な表現を用いた表示や誇大広告につながり、その結果消費者の混乱を招いていると指摘し、次のような提案をしている。

 「食品機能の表示の科学的根拠が現行の審査基準を完全に満たしていないものであっても、一定の科学的根拠が存在すれば、効果の根拠が確立されていない由の表示を付けることを条件として、『身体の構造/機能表示』を広く許可すべきである」。

 私には報告書の意味するところが分からない。私の理解では「一定の科学的根拠が存在する」ということは「対照試験でその効果が証明されている」ということを示すはずだ。このことは「効果の根拠が確立されている」ことと同義ではないか。つまり、「効果の根拠が確立されていない」ということは「一定の科学的根拠が存在しない」ということになり、上記の文章は矛盾する(続きはこちらで。写真は著者の小内亨氏)。