2004.07.23

20〜50歳代女性の肩こり、4〜5割がほぼ毎日、原因のトップは運動不足

 女性の肩こり持ちが増えている。しかも若い世代ほど頻繁に肩こりを感じているという意外な調査結果が明らかになった。小林製薬が2004年2月17〜19日、同社ホームページで募集したメールマガジンの配信希望者に対して実施したアンケート結果をこの7月に発表したもの。10〜50歳代の7772人にアンケートを送付し、772件の有効回答を得ている。

 それによると、「ほぼ毎日」肩こりがあるとした群は20歳代では52%と半数を超え、30〜50歳代の39〜43%を上回った。「2〜3日に1回」肩こりがあるとした回答を合わせると20歳代では67%とほぼ3分の2が頻繁な肩こりに悩まされていることになる。

 肩こりの頻度とストレスの関係を見ると、肩こりが「ほぼ毎日」あるとした群では、「ストレスを「感じている」「どちらかといえば感じている」という回答が82%と8割を超えている。「2〜3日に1回」の群では同じく65%、「週に1回」群では63%などと肩こりの頻度が低い群ほどストレスの感じ方が少ない傾向にあることが分かった。

 肩こりの原因のワースト3は、「日々の運動不足」(48%)、「プライベートでのパソコン操作やデスクワーク」(43%)、「冷え、寒さ」(42%)。肩こりの対処法としては、「ストレッチ体操」(33%)と「市販の貼り薬」(29%)が上位を占めたが、第3位は「なんの対処もしていない」(26%)で、対処法に対する満足度も低かった。肩こり・腰痛は高年齢の悩みだったのも今は昔、パソコン作業の増加やオフィス・家庭への冷房の普及、恒常的なダイエットなどが肩こりの低年齢化をもたらしている可能性がありそうだ。
(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正