日経メディカルのロゴ画像

2004.07.21

FDAがボツリヌス毒素を重度の腋窩多汗症治療に承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月20日、局所的制汗剤などではコントロールできない重度の原発性腋窩多汗症に対し、ボツリヌス毒素A型の治療への応用を承認した。ボツリヌス毒素A型を少量注射することで、アセチルコリンの分泌を止め、腋の下の発汗を促す神経を一時的に遮断することができるという。

 合わせて600人超を対象に行った2つの多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検試験では、ボツリヌス毒素A型を投与した群が、プラセボ群に比べ、腋の下の発汗を有意に減らすことができたという。このうち一方の治験では、投与後4週間で発汗量が半減した人は、プラセボ群では36%だったのに対し、治療群では91%だった。

 ボツリヌス毒素A型は、ボツリヌス菌が作る蛋白質。FDAは1989年、眼瞼けいれんと斜視の治療に対し、初めてボツリヌス毒素A型を承認している。

 ボツリヌス毒素A型の製造元は、Allergan社(カリフォルニア州Irvine)。詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)