日経メディカルのロゴ画像

2004.07.20

神奈川県保険医協会、2004年改定影響度調査の結果を公表 実質的にマイナス1.0%を超える下げ幅に

 神奈川県保険医協会はこのほど、2004年診療報酬改定の影響度調査を実施し、その結果を公表した。それによると2004年4月については、実質的に“公称改定率”のマイナス1.0%を超える下げ幅になっていることが分かった。

 調査対象は同協会の会員である234診療所・病院(無床診療所212、有床診療所3、病院19)で、各医療機関について2004年4月と2003年4月のレセプトを比較した。その結果、例えば、外来(無床診療所)の場合、2004年4月実績は前年比で総点数が1.5%増、総件数が4.5%増、総実日数が5.2%増と、いずれもプラスになった。一方、1日当たり点数は3.5%減、1件当たり点数は2.8%減と、いずれもマイナスを記録している。

 同県保険医協会では「2003年4月は社会保険本人の3割負担が始まった月で、患者の受診抑制が顕著に表れたため、2004年4月の実績が相対的に高めに出た。1日当たり点数や1件当たり点数で比較するのが妥当であり、そうしてみると改定によるダメージは厚生労働省が公表したマイナス1.0%を超えている」と話している。(村松謙一、日経ヘルスケア21