2004.07.16

内閣府調査で判明 「医療に信頼おけない」が、日本は安全でないと感じる層の4割強

 内閣府が全国の成人3000人を対象に実施した「安全・安心に関する特別世論調査」の結果、日本は安全・安心な国ではないと感じる層の4割強が「医療に信頼がおけない」と回答、犯罪やテロの恐怖とともに、医療に対する不信感が社会不安の大きな要因の一つであることが明らかになった。

 この調査は内閣府政府広報室が今年6月に実施したもので、有効回答者数は2136人(71.2%)だった。「今の日本は安全・安心な国か」という問いに対し、「そう思う」が39.1%だったのに対して「そう思わない」が55.9%を占め、安全・安心に対する否定的な見方が肯定を上回った。「そう思う」と答えた理由の1位は「社会が安定している」で42.9%、第2位が「平和」で42.3%、3位が「犯罪が少ない」の29%で、上述の「医療の充実」の24.4%は第4位を占めた。

 これに対して、「日本は安全・安心とは思わない」と答えた人が挙げた理由の第1位は、「少年非行、ひきこもり、自殺などの社会問題の多発」。以下、「犯罪多発」「経済的不安」「国際情勢、平和」に次いで、「医療事故の発生など医療に信頼がおけない」とする回答が43.0%で第5位を占めた。

 一方、社会の安全や安心にとって懸念されることのうち、周囲で増えたと感じることとしては、第1位が「情緒不安定な人、すぐキレル人」で41.0%を占めたほか、「児童虐待、家庭内暴力」が26.1%、「うつ病」が22.1%、「不登校やひきこもり」が19.3%など、精神疾患や対人関係に問題を抱えるケースが上位を占めていた。

 一般に日本人は、世論調査で自国や自国民に対する評価が低い傾向がある。また、この調査自体、テロ対策などの強化を推進している政府の世論誘導の目的も見え隠れする。しかし、こうした点を差し引いても、日本国民が自国の治安や社会基盤に対し、かつてはなかった不安を抱き始めていることを示しているようだ。

 本調査結果の概要は、内閣府のホームページで閲覧できる(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:24
  2. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:29
  3. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:18
  4. 良かれと思って書いた診断書が元で窮地に 特集◎これってコンプライアンス違反?《7》診断書作成 FBシェア数:34
  5. 緊迫する救急外来、そのとき薬剤師は アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:47
  6. 気胸が緊張性気胸に移行、その瞬間を見た! 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:51
  7. 中小病院が救急車1000台を受けられたワケ 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:66
  8. 下痢に乳酸菌は意味がない!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:18
  9. 心房細動の脳卒中リスク評価は毎年更新すべき 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:27
  10. 81歳男性。立ち上がれない 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正