日経メディカルのロゴ画像

2004.07.16

【先取り!日経DI】 8月号の特集は「副作用をどう伝え、どう聞き出すか」

 日経ドラッグインフォメーションのホームページに掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は6月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
 特集は「副作用をどう伝え、どう聞き出すか」

 8月号の特集は「副作用について患者にどう話すか」、また「患者から副作用の初期症状をどう聞き出すか」がテーマです。薬局薬剤師の役割として、効能・効果、用法・用量を伝えることだけでなく、副作用について注意喚起することが大事になってきているように思います。しかし患者との対話の中でこの話題にはなかなか触れにくい。特集では、それを実践している薬剤師の方々を取材し、ノウハウの一端を披露できればと考えています。6月号、7月号の本誌「DI Cafe」で募集した「副作用症状の上手な聞き出し方」に情報を提供していただいた薬剤師の方々にも何人かお話をうかがう予定です。お楽しみに。

 Reportは、読者からの要望が多かった、薬局での麻薬の取り扱い方。「麻薬小売業者」の免許を取得しているのは薬局の約半数。薬局で麻薬を扱うには、どのような手続きが必要で、どのような点に注意すればよいのか、といった基礎知識をまとめます。

 7月号の特集「無資格調剤と法」は各方面で話題を呼んでいるようです。DI Cafe(隣のボタン)に読者からの面白い(怖い?)投稿も来ていますので、ご覧ください。また、これを読んだ皆さんもぜひ意見を送ってくださいね。