2004.07.15

総合メディカルが調剤薬局全店でクレジットカードの取り扱い開始

 総合メディカル(金納健太郎社長、福岡市中央区)は7月下旬から、同社がチェーン展開する調剤薬局「そうごう薬局」の全163店で、クレジットカードによる医療費支払いの取り扱いを開始する。近年の医療費の患者負担増、長期投薬の増加などで、調剤薬局での患者の支払い額が増えていることに対応したもの。調剤薬局チェーン全店でのクレジットカード取り扱いは全国初。

 患者の利便性向上の観点から病院・診療所においては、医療費の自己負担のカード決済導入が徐々に進んでいるが、負担額がそれほど多くない薬局では極めてまれ。だが、サラリーマン本人でも負担率が3割になり、また2週間を超える長期の処方が増えていることもあって、近年、薬局窓口で支払う額が多くなっており、カード利用のニーズは高まっている。

 そうごう薬局で利用できるのは、JCB、ダイナース、VISA・MASTER、アメックスの各カード。7月下旬から8月中旬にかけて全店舗でクレジットカードの決済端末を導入し、順次取り扱いを始める。デビットカード(銀行などのキャッシュカードによる即時決済)による支払いも可能となる。

 総合メディカルでは「カードを利用することで、給与前や休日等で手許に現金がない場合でも安心して薬を受け取れるようになり、患者のメリットは大きい」としている。(風間浩、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:139
  2. 後輩からの借金を返さないベテランに不満噴出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:12
  3. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:48
  4. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:31
  5. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:75
  6. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承 FBシェア数:642
  7. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:37
  8. 同期になった先輩 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:13
  9. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:34
  10. 医療ドラマのスクラブを院長が着用したら… はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正