2004.07.15

大学医局の医師引き揚げに苦慮する民間病院、大阪府私立病院協会が実態調査

 大阪府私立病院協会(佐藤眞杉会長)は7月10日、大学医局による関連病院からの医師引き揚げなど、今年4月にスタートした新医師臨床研修制度の影響度に関する調査結果を公表した。「新医師臨床研修制度の影響を受けた」と回答した病院の半数近くが医師引き揚げに遭うなど、民間病院が深刻な影響を被っている実態が明らかになった。

 新医師臨床研修制度は、研修医が複数の診療科を学ぶ「ローテート方式」となった。ローテート方式では、大学にもよるが、一つの科目を研修する期間は長くても半年程度に限られる。これまで、2年間単一の診療科のみを研修する「ストレート方式」を採用していた医局からみれば、研修医の労働力が大きく減る形になる。その穴埋めなどを理由として、関連病院から医局員を引き揚げたり、医師派遣の要請を断る大学医局が現れ、新聞紙上でも大きく報じられてきた。

 大阪府私立病院協会の調査は、今年6月、会員320病院を対象に実施。100病院から回答を得た。それによると、常勤医の雇用について、33%の病院が「新医師臨床研修制度の影響を受けた」と回答。その内容を見ると、複数回答で52%の病院が「退職医師の補充困難」を挙げ、48%が「医師引き揚げ」を挙げている。実際に引き揚げられたり、補充が困難であった医師の年次については、「卒後7年以上」と回答した病院が48%と最も多く、中堅医師の補充に民間病院が苦慮している実態が浮き彫りになっている。
(吉良伸一郎、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正