2004.07.14

大日本製薬、経口血糖降下薬の半量タイプを発売

 大日本製薬は7月13日、経口血糖降下薬「グリミクロンHA錠20mg」(一般名:グリクラジド)を発売した。既存の製剤は40mg錠だけで、投与量によっては錠剤を分割する必要があるが、小型の錠剤であるために分割が難しく、分割した錠剤も小さすぎて服薬時に扱いにくかった。今回発売した20mg錠はこうした問題に対応したもの。40mg錠とは異なる淡黄色とし、服薬時ののみ間違いを起きにくくした。併せて同社では、従来の40mg錠の名称を「グリミクロン錠」から「グリミクロン錠40mg」に変更した。

 プレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  2. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  3. 医師偏在対策、都道府県の重過ぎる役割に懸念 日本医師会が医療政策シンポジウムを開催 FBシェア数:0
  4. 「思いもよらない転職」でキャリアが開けた話 キャリアお悩み相談室 FBシェア数:14
  5. 62歳男性。左足底の紅色結節 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:12
  6. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1638
  7. 62歳男性。左足底の紅色結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  8. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:142
  9. 外用抗真菌薬:ルリコナゾールが初ランクイン NMO処方サーベイ FBシェア数:7
  10. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:317
医師と医学研究者におすすめの英文校正