2004.07.12

ノバルティス、シンガポールに熱帯病研究所を開設

 スイスのNovartis社は、シンガポールのバイオポリスと呼ばれる複合研究施設内にNovartis熱帯病研究所(NITD:Novartis Institute for Tropical Disease)を7月5日、正式に開設した都発表した。

 当面、デング熱と薬剤耐性結核に焦点を当て、2008年までには少なくとも2種類の薬剤の臨床試験を実施し、2013年までに製品化を目指す。同社では、これらの疾患が風土病になっている国々に対しては、新たに開発した治療法を採算を度外視して提供する予定だとしている。また、両疾患についての研究拠点としての地位を確立し、若手研究者の教育にも力を入れる予定だ。

 NITDはシンガポール経済開発委員会とNovartis社の官民協力で実現した。所長はNovartis社研究主幹のPaul Herrling氏だが、実際の運営に当たるのは、同研究所教授のAllex Matter氏と、2人のノーベル賞受賞者を含む科学的諮問委員会になる。

 本件についてはノバルティス ファーマのWebサイトにプレスリリースの邦訳が掲載されている(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正