2004.07.09

FDAが医師の操作で冠動脈バイパス術を行うロボットを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は7月7日、胸骨切開術や開胸術による冠動脈バイパス術を、医師の操作に従って行うロボット、「Da Vinci Endoscopic Instrument Control System」を承認した。ロボットの“手首”をあやつることで、人間よりも巧妙な操作ができ、より複雑な動きを行ったり、手術道具をより正確にコントロールすることが可能になるという。

 このロボットには3つのアームがあり、色々な手術道具を操る仕組みになっている。外科医はハンドルと足ペダルを使い、コンピュータとビデオモニターを見ながらロボットに指示を出す。

 FDAのLester Crawford氏は、「今回、心臓に用いるこうしたシステムが開発されたことは、新たなロボット技術がいずれもたらすであろう、心臓外科診療現場の変化に向けた前進である」としている。

 同ロボットの製造元は、米Intuitive Surgical社(カリフォルニア州Mountain View)。なお、この手術用ロボットは既に、胆嚢手術や胃食道逆流疾患の手術などで活用しているという。

 詳しくは、FDAのニュース・リリースまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正