2004.07.09

【再掲】武田、社員の発明報償の上限金額を撤廃、新ルールを10年遡って適用

 武田薬品工業は7月7日、従業員発明取扱規則を改定し、2002年に従来の最高1000万円を3000万円に改めていたが、新たに報償(実績補償)金額の算定方式を変更し、上限金額を撤廃することで労使が合意したと発表した。この実績補償金の新ルールは、10年前の1994年に販売されていた製品まで遡って適用する。発明以外でも発明の補助に高い貢献をした者については、実績補償金相当額を限度として、別途報償金を支払う制度も設けた。同社では、既存の報償制度に基づき、2003年度には、既存の実績補償制度に基づいて、ランソプラゾール製剤、カンデサルタン、新アリナミンA、ピオグリタゾンや除草剤について、72人に合9000万円強を支給しているという。

 本件についてのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ 訂正 ■
 「ラベプラゾール」は「ランソプラゾール」の間違いでした。訂正します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:387
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:804
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:413
  5. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:1
  6. いざ本番!失敗しない「試験直前の過ごし方」 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:41
  7. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
  8. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:34
  9. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:300
  10. 心筋梗塞に倒れたヘビースモーカー小泉八雲 病と歴史への招待 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正