日経メディカルのロゴ画像

2004.07.07

【癌治療の将来に関するアンケート調査2004】No.4 「もっとも注目している癌」の1位は「肺癌」で26.7%



 MedWaveは米国癌治療学会の開催を機に、web上で「癌治療の将来に関するアンケート調査」を実施。6月7日から21日までに、120人の協力が得られた。調査では、「現在、最も注目している癌」を回答してもらった後、その理由も尋ねた(複数回答)。

 「最も注目している癌」の1位は「肺癌」で、26.7%と抜きん出ていた。次に多かったのは、「大腸癌」の13.3%。以下、「乳癌」が10.0%、「卵巣癌・子宮癌」が8.3%、「胃癌」が6.7%で続いている。

 昨年6月に実施した「癌治療の将来に関するアンケート調査」(調査協力者162人)でも、同様に「現在、最も注目している癌はどれか」を尋ねているが、その時も、最も回答が多かったのは「肺癌」で、25.9%だった。次に多かったのは、「大腸癌」の10.5%。以下、「胃癌」と「膵臓癌」が8.6%、「肝癌」と「卵巣癌・子宮癌」が7.4%で続いていた。

 前回との比較では、肺癌と大腸癌の順位は変わらなかったが、3位以下の順位で変化が見られた。特に、「乳癌」が4.9%から10.0%に増えているのが注目できる。逆に、「肝癌」が7.4%から2.5%に減っているのが気になるところだ。



 理由で最も多かったのは、「自分の専門領域だから」で55.8%だった。「患者数が多いから」が40.0%、「予後が悪いから」が32.5%、「治療方法の改善が期待できるから」が30.8%で続いた(複数回答)。

 もっとも注目している癌の1位だった「肺癌」を挙げた人の理由をみると、「予後が悪いから」と「患者数が多いから」が56.3%で並んだ。「自分の専門領域だから」は43.8%で、「治療方法の改善が期待できるから」が18.8%、「早期発見が困難だから」が15.6%で続いた。