日経メディカルのロゴ画像

2004.07.07

オリンパス、北京に内視鏡、生物顕微鏡の販売・サービス子会社を設立

 オリンパスは7月6日、今後、市場拡大が見込まれる中国市場で医療用の内視鏡や光学顕微鏡の拡販を図るため、販売・サービス子会社「奥林巴斯(北京)銷售服務有限公司」を設立、7月1日から業務を開始したと発表した。従来、40年間にわたって現地の販売代理店を通して販売・サービス活動を行ってきたが、今後の需要拡大に備え、同社が直接、販売、マーケティング、修理などのサービスを提供する体制を整えるもの。当初は従業員400人、24拠点の規模で出発し、2006年度には2003年度の4倍超に当たる約220億円の売り上げを目指す。

 オリンパスのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)