2004.07.07

タカラバイオ、米国立癌研に悪性黒色腫の遺伝子治療用基材を供給

 タカラバイオは米国国立癌研究所(NCI)が実施する転移性悪性黒色腫を対象とした遺伝子治療の臨床試験に、遺伝子導入を効率化する組み替えたんぱく質「レトロネクチン」を供給すると発表した。

 レトロネクチンを利用する遺伝子治療法は、T細胞受容体遺伝子治療(TCR Gene Therapy)と呼ばれる方式を用いる。腫瘍組織に集積している癌患者自身の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)、または末梢血リンパ球(PBL)を採取し、これに患者の腫瘍抗原を認識できるTCR遺伝子を導入する。これにより、リンパ球が腫瘍抗原を提示する癌細胞を特異的に攻撃し、癌細胞を消滅させるというもの。

 この治療法で遺伝子導入を行う際、レトロネクチンを用いる。レトロネクチンはヒトフィブロネクチン分子中のウイルス結合部位と細胞結合部位に相当する領域などから成る分子量約6万3000の組み替えたんぱく質で、標的細胞とレトロウイルスの両者に対して特異的相互作用を持ち、遺伝子導入効率を高めることができる。

 米NCIで試験中の本治療法は様々な癌抗原を認識する遺伝子をリンパ球に導入できるため、他の種類の癌に対する抗腫瘍効果が得られると期待されているという。

 プレスリリースはこちらのWebサイトを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1303
  2. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 定年後の医師が気持ちよく働いてくれています シリーズ◎何でもPros Cons【医師のキャリア、どっちがいい?】 FBシェア数:35
  4. 第108回看護師国家試験、合格率は89.3% 5万6767人の新看護師が誕生、うち大卒は2万382人 FBシェア数:318
  5. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:44
  6. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:90
  7. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:107
  8. 外科医の自分を支える三階部分の認定医資格 シリーズ◎何でもPros Cons【専門医資格、どれくらい取得する?】 FBシェア数:11
  9. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:4
  10. 「学位は役に立たないから不要」はみみっちい? シリーズ◎何でもPros Cons【学位って取るべき?】 FBシェア数:23
医師と医学研究者におすすめの英文校正