日経メディカルのロゴ画像

2004.07.05

【先取り!日経DI】7月号は「無資格調剤と法」を特集 診療所で常態化している看護師・事務員等による“無資格調剤”は何が問題か

 日経ドラッグインフォメーションのホームページ(https://medical.nikkeibp.co.jp/ndi/)に掲載中のコラム、「先取り!日経DI」が更新されました。同コラムは、次の「日経DI」がどんな内容になるか、“さわり”を一足先に紹介したもの。月に2回、更新しており、毎月1日には当月10日発行号の、毎月16日には翌月10日発行号の中身を紹介しています。本日、更新分は7月10日発行号について。詳しい内容はこちら。

■■
 7月号の特集はズバリ「無資格調剤と法」。一昨年に高知県で起こった無資格調剤での薬局経営者夫婦逮捕事件をきっかけに、無資格調剤の問題は改善されたのか?この問題意識から出発し、無資格調剤の現状を取材し、実情に照らし法的問題を整理しました。診療所で常態化している看護師・事務員等による“無資格調剤”を含め、記事を読めば、「何が問題なのか」わかるのではないかと思います。

 Reportは「患者に喜ばれる『ちょっとした指導』あれこれ」。この記事を企画したきっかけは、毎号小誌に記事を書いてくれているライターのSさんからの「面白いダイエット指導をしている薬局がありますよ」という情報でした。ダイエット指導は薬局の“本業”ではありませんが、それが大変喜ばれているというのです。そこで、似たようなタイプの指導がほかにないか探してみました。あまり大掛かりではなく「ちょっとした指導」だというのがポイントです。

 今月号は細かいコラムもなかなか面白いと思います。「NEWS」「Interview」はこれまでとちょっと違う感じになっています。「情報パック」の「薬局お役立ちグッズ」も参考になる気がします。表紙もカッコいい。