日経メディカルのロゴ画像

2004.07.05

ファイザー、成長ホルモン製剤専用注入器の新タイプを発売

 ファイザーは7月1日、ヒト成長ホルモン製剤「ジェノトロピン」専用注入器の新タイプとして、「ジェノトロピン注射用G12」に対応した「ジェノトロピンペンG12」と「ジェノトロピン5.3mg」に対応した「ジェノトロピンペンG5.3」を発売した。どちらの製品にも2色の「ペングリップ(本体部分)」と「ペンキャップ(注射針をカバーする先端部分)」が付属しており、患者が好みに合わせて取り替えて使用できる。

 ジェノトロピンは遺伝子組み替え技術を用いて開発された天然型ヒト成長ホルモン製剤で、国内では1988年に成長ホルモン分泌不全性低身長症治療薬として発売され、その後、Turner症候群、慢性腎不全における低身長、プラダーウィリー症候群における低身長への適応を取得している。

 本製品についてのファイザーのプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)