2004.07.05

【感染症週報第25週】  咽頭結膜熱が過去10年の年間最大値超える

 国立感染症研究所の感染症情報センターが7月2日に公表した2004年第25週(6月14日〜6月20日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、咽頭結膜熱(プール熱)の定点当たり報告数(1医療機関当たりの患者数)の全国平均値は0.83で前週の0.61から約36%増加し、同時期では過去最高だった2003年第25週の0.42のほぼ2倍、過去最高値を記録した2003年第29週の0.77も上回った。2000年以降、それまでは見られなかった冬季の増加が見られるようになり、特に2003〜2004年にはこの傾向が顕著だった。また以前は学童の罹患が中心だったが、本年は5歳以下が80%を占めている。都道府県別では、富山県(2.1)、宮崎県(1.8)、島根県(1.7)が多い。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の定点当たり報告数の全国平均値は、第22週から3週連続して減少し、1.85になった。しかし、第19週を除き今年7週以降、過去10年間の同時期の最高値を記録している。都道府県別では愛媛県(4.0)、山形県(3.8)、新潟県(3.7)が多い。

 ヘルパンギーナの定点当たり報告数の全国平均値は2.38と前週の1.66から約43%増加した。流行状況は平年並みだが、例年第27〜30週頃にピークを迎えるため、今後も患者数が増加する可能性があると見られる。都道府県別では三重県(6.7)、福井県(6.5)、愛媛県(6.1)が多い。

 風疹の定点当たり報告数は0.03、全国約3000カ所の小児科定点からの報告総数は98件と100件を切って1999年以降の例年並みになったが、徳島県では0.22とやや多くなっている。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(6月24日集計分)。
 1類感染症:なし。
 2類感染症:コレラ31例、細菌性赤痢12例、パラチフス1例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症73例(うち有症者47例)。
 4類感染症:Q熱1例、つつが虫病3例、日本紅斑熱1例、レジオネラ症3例、E型肝炎1例、A型肝炎1例。
 5類感染症:アメーバ赤痢11例、ウイルス性肝炎5例(いずれもB型)、
クロイツフェルト・ヤコブ病2例(2例とも孤発性)、劇症型溶血性レンサ球菌感染症1例、後天性免疫不全症候群10例(いずれも無症候)、ジアルジア症1例、梅毒1例、破傷風2例、急性脳炎1例。

 詳しくは感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正