日経メディカルのロゴ画像

2004.07.02

広がる在宅専門診療所、中には悪質なケースも

 診療所の経営環境が厳しくなる中で、在宅医療に特化して開業する医師が増え始めている。在宅医療のメリットは、診療所の設備投資がほとんど必要なく、開業資金が少ない点にある。しかも、患者一人当たりのレセプトの単価が高いため、経営が軌道に乗りやすい。そのため、地域医療に取り組みたいと考える若手医師が、在宅専門で開業するケースが増えている(詳しくは「日経ヘルスケア21」7月号、55ページのリポート記事「増える在宅専門診療所 その成功のポイント」を参照)。

 しかし、中にはこうしたメリットを逆手に取る悪質な在宅医療専門医もいるようだ。「在宅医療=財テク医療」などと公言する医師もいるという。例えば、症状が軽度な高齢者宅ばかりを訪問し、1回の訪問で2〜3分診療して異常がないことを確かめると患者の話も十分に聞かずに次の診療に向かう。こうして1日20〜30軒の患者宅を訪問する。

 ある在宅専門医は「じっくり患者さん一人ひとりの診療をしようと思えば、1日10〜15軒程度が普通だ。20〜30軒というのは、雑に診療しているとしか思えない。こうした在宅専門医が増えると、在?纓テ全体のイメージが悪化してしまう」と苦言を呈す。

 在宅医療では患者やその家族とのコミュニケーションが密になる分、医療の質に対する評価は厳しくなる。いい加減な診療を続けていれば、患者は確実に
離れていく。今後、在宅専門の診療所が広がって競争が激化すれば、悪質な在宅専門医は淘汰されていくだろう。(久保俊介、日経ヘルスケア21