2004.07.02

米国来シーズンのインフルエンザ・ワクチンはニューカレドニア、フュージアンとシャンハイ株の組み合わせ

 米国2004〜05シーズンのインフルエンザ・ワクチンの配合株は、ニューカレドニア(A型、H1N1)、フュージアン(A型、H3N2)とシャンハイ(B型)株の組み合わせに決まった。これは、CDCが毎週発行する「Morbidity and Mortality Weekly Report」7月2日号で公表したもの。

 同レポート内ではまた、2003〜04インフルエンザ・シーズンについて、米国をはじめ世界で流行したインフルエンザ・ウィルス株の種類などについて詳しく報告している。

 それによると、米国では、昨年10月から今年6月15日までに特定した1024のインフルエンザ・ウィルスのうち、949がインフルエンザA(H3N2)ウイルスだった。そのうち106(11.6%)が、ワクチンに含まれるパナマ株(H3N2)と似たもので、残りの843(88.8%)が、連続変異後のフュージアン(H3N2)株だったという。

 詳しくは、同レポートまで。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正