日経メディカルのロゴ画像

2004.07.02

米で今シーズン最初の西ナイル熱死亡者、アリゾナ州で

 米国で2004年に入って西ナイル熱による最初の死亡者が出てしまった。死亡したのは米Arizona州Maricopa郡の74歳の女性。6月18日に死亡したとされる。Maricopa郡では6月29日現在で州都Phoenixを中心に現在までに38人の西ナイル熱患者が発生している。これは同時期の全米での患者数57人の約67%に当たる。Arizona州では2003年には通期で13人しか発生しておらず、早くも大幅に上回ったことになる。

 米国で6月29日までに発生している西ナイル熱患者57人のうち、脳炎・脳症が35人、軽症の西ナイル熱が19人、未確定・不明が3人、患者が発生しているのは、Arizona州ほか8州となっている。

 米疾病対策センター(CDC)の西ナイル熱Webサイトはこちらまで。(中沢真也)