日経メディカルのロゴ画像

2004.07.01

GSK、プロスタグラジンI2製剤の肺動脈性高血圧症への適応追加承認取得

 グラクソス・スミスクライン(GSK)は、6月22日付けで「静注用フローラン」(一般名:エポプロステノールナトリウム)の肺動脈性高血圧症に対する適応追加承認を取得したと発表した。これまで日本では肺動脈性高血圧症のうち、原因が不明な原発性肺高血圧症の適応だけが承認されていた。

 フローランは英Glaxo SmithKline社が創製したプロスタグラジンI2の注射製剤で血管拡張作用と血小板凝集抑制性作用があり、1995年に米国で原発性肺高血圧症治療薬として承認された。日本では1994年に希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定された後、1999年に原発性肺高血圧症の適応で承認を受けている。フローランの持続静注療法によって肺動脈性肺高血圧症の予後を著明に改善可能だという。

 肺動脈性肺高血圧症は肺動脈の末梢血管内腔が狭くなり、肺動脈圧が高くなる疾患で無治療の場合、発症2〜3年で死亡する。原発性肺高血圧症以外にも、膠原病患者では10から20人に一人の割合で発症するなど、いくつかの特定疾患が基礎疾患になることが知られている。GSKによれば、国内では現在、1500〜2000人の肺動脈性肺高血圧症患者がいるという。

 グラクソ・スミスクラインはフローランの適応追加に合わせ、6月23日から医療従事者と患者、一般向けに肺動脈性肺高血圧症に関する情報を提供する専用Webサイト「PAH.jp」を開設した。

 フローラン適応追加についてのプレスリリースはこちら、肺動脈性肺高血圧症専用Webサイト開設に関するプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)