日経メディカルのロゴ画像

2004.06.27

脳卒中発症リスクはスタチン投与で21%減、LDL-Cの10%減少で15.6%減、最新のメタアナリシス報告

 脳卒中発症に対するHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の効果を示す最新のメタアナリシス結果が6月24日のポスターセッション「Prevention: Antiplatelet Therapy」で報告され、スタチン投与によるLDLコレステロールの低下が寄与している可能性を示唆したものとなった。同種の報告はたびたび行われているが、2003年までに実施された計9万人を対象とした27の臨床試験結果を反映している。

 フランスBichat-Claude Bernard大学医学部神経学科のPierre Amarenco氏は、スタチンとスタチンによるLDLコレステロールの低下が脳卒中の予防に及ぼす効果について、最新の臨床試験結果を含むメタアナリシスを実施した。1993年から2003年にかけて実施されたスタチンに対する臨床試験のうち、脳卒中発症を一次、または二次エンドポイントとする27の試験を対象としている。無作為割り付けを行った対象者は合計9万7981人、平均追跡期間は4.3年で、期間中、スタチン投与群1332件、対照群1646件の脳卒中イベントが発生した。

 解析の結果、スタチン投与群における脳卒中発症の相対リスクは21%有意に減少していた(OR=0.79、CI:0.29-0.62)。スタチン投与群の脳卒中発症リスクが増加する結果が得られた臨床試験はなかった。致命的な脳卒中発作も9%減少していたが、統計的有意は得られなかった(OR=0.91、CI:0.76-1.10)。スタチンによる発症リスクの減少とLDLコレステロールの低下は強い関連性があり、LDL-C値の10%の減少は全脳卒中の発症リスクを15.6%有意に減少させると見なされた(CI:6.7-23.6)。スタチン投与による出血性脳卒中の有意な増加は見られなかった(OR=0.90、CI:0.65-1.22)という。(中沢真也)