日経メディカルのロゴ画像

2004.06.27

ドネペジルが脳血管性痴呆症のIADL維持にも有効

 アルツハイマー性痴呆症の治療薬であるドネペジル(一般名、日本での商品名はアリセプト)が、脳血管性痴呆症のIADL(日常生活関連動作)などの維持に有効であることが明らかになった。6月25日の一般口演で、カナダToronto大学のSandra Black氏が発表した。

 これまでの研究結果から、脳血管性痴呆症の患者に、コリン作動性欠損が見つかっている。そのため、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤であるドネペジルが、脳血管性痴呆症にも有効である可能性が高いと考えられてきた。

 今回発表した研究は、2つの無作為化二重盲プラセボ対照試験を合わせて分析したもの。それぞれの被験者数は600人超で、合わせて1219人だった。被験者は、脳血管性痴呆を発症してから3カ月以上経過しており、脳血管疾患と痴呆症のエビデンスがそれぞれあり、また脳血管疾患と痴呆症との関連可能性がある人が対象となった。アルツハイマー性痴呆症は除外した。試験開始時点で、被験者の89%が、お金の管理や手紙の整理などといったIADLに問題があった。

 Black氏らは、被験者を3群に分け、ドネペジル5mg/日、10mg/日、プラセボをそれぞれ投与し、24週間追跡して、IADLスケールとアルツハイマー病の機能評価スケール(ADFACS;Alzheimer's Disease Functional Assessment and Change Scale)を使って機能を評価した。

 その結果、IADL とADFACSの両スケールで、ドネペジル投与群はその用量にかかわらず、試験開始時点の機能性を維持することができた。一方でプラセボ群は、両スケールともに、試験開始時点と比べて機能性が低下した。なお、ドネペジル5mgと10mgとでは、その効果に差はなかった。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)