2004.06.26

イスラム教徒のラマダンでピル服用の女性に脳血栓が頻発、イランから症例報告

 経口避妊薬を服用してイスラム教徒の断食月「ラマダン」に参加した女性に脳血栓症が頻発しているようだ。宗教行事だけに関連性を裏付ける症例対照研究などは実施していないが、エコノミークラス症候群で経口避妊薬服用時の脱水による血栓発生の危険が指摘されていることは記憶に新しく、女性の健康にとって見過ごせないテーマだと言える。テヘランのToos総合病院のK. Shirkool氏らの研究グループが6月24日のポスターセッション「Risk Factor」で報告した。

 イスラム教徒は毎年イスラム暦の9の月(2004年は10月15日〜11月13日頃)に日中の飲食を絶つ「ラマダン」と呼ばれる宗教行事を行う。病人と妊婦、生理中の女性は免除されることになっているが、免除を嫌い、経口避妊薬を服用して生理の時期をずらしてラマダンに参加する女性も少なくないようだ。

 Shirkool氏らの研究グループは、毎年、ラマダン月に女性の脳血栓症患者の発生が多い傾向があることに気づき、経口避妊薬との関連に着目した。

 提示された症例は27〜47歳の女性8人で、頭痛、痙攣、嘔吐などの症状と麻痺などがあり、MRIによる画像所見で虚血などが確認された。ラマダン月の月経時期調節だけでなく、避妊などの目的で長期にわたって服用していた女性も含まれるが、ラマダンの断食による脱水と経口避妊薬服用の相乗効果によって脳血栓症が発生した可能性が否定できないという。Shirkool氏らは、「今後の研究で詳細が判明するまで、本来の宗教規則(生理中の免除)に従うことによって予防可能だ」と指摘していた。(中沢真也)

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:685
  2. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:207
  3. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:173
  4. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:40
  5. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:181
  6. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:106
  7. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:16
  8. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II FBシェア数:105
  9. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
  10. おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正