日経メディカルのロゴ画像

2004.06.23

スーダン南部のエボラ出血熱、当初30人とされた患者のうち12人は麻疹と判明

 世界保健機関(WHO)は6月22日、スーダン南部Western Equatoria州Yambio郡で発生したエボラ出血熱の流行で、疫学的追跡と臨床検査の結果を踏まえて再評価をした結果、発症者は18人、死亡者は6人だったと発表した。6月11日時点では発症者30人、死亡7人としていたが、発症者とされていた残り12人は米疾病対策センター(CDC)の検査の結果、麻疹(はしか)だったことが判明した。詳細はまだ不明だが、衛生状態や栄養、医療サービスが十分でない地域で麻疹に罹患した場合、かなり重症に推移することを示唆する報告と見ることができそうだ。Yambio郡の保健当局は6月17日までに、エボラ出血熱流行は制圧されたと発表しているが、WHOではサーベイランスと接触調査は継続中だとしている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)