2004.06.16

日本IBM、500万円と低価格の診療所向け医用画像システムを発表

 日本IBMは6月16日、病院用大規模画像システムに見劣りしない高度な医用画像の表示や保存を可能にした上で、500万円という低価格に抑えた医用画像システム「IBM CIS-Imageクリニック・エディション」を発表した。同日からビジネスパートナー経由で販売を開始する。出荷開始は今年9月1日を予定している。

 CIS-Imageクリニック・エディションは最大で3840×2400ドットの高精細表示が可能な液晶ディスプレイと2テラバイト(1テラバイト=1000ギガバイト)の大容量ディスクを標準で備えており、大病院と同レベルの画像診断ができる。病診連携における画像共有やフィルム保管費低減のための画像デジタル化保存などにも適している。

 システムの基本構成は、920万画素の高精細液晶ディスプレイ「IBM T221」、医用画像の標準規格であるDICOM規格の画像に対応した表示ソフト「CIS-Image/Viewer」、PCサーバー「IntelliStationZ-Pro」、アレイ社製DICOMサーバーソフト「AOC(IBM対応版)」、物理容量2テラバイトのハードディスクシステムでアドテックス社製の「ADTX RAID ArrayMasStorP」となっている。

 日本IBMのプレスリリースはこちらを参照。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:371
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:756
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:374
  5. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  6. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:60
  7. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」 FBシェア数:72
  9. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:141
医師と医学研究者におすすめの英文校正