2004.06.15

厚生労働省が警告 コンフリーの摂食で健康被害のおそれ

 厚生労働省は6月14日、シンフィツム(いわゆるコンフリー)を摂食することで健康被害が生じるおそれがあるとし、コンフリーおよびこれを含む食品の製造・販売・輸入の自粛のほか、回収などの自主的な措置の実施を求めた。また、消費者に対しては、販売されたコンフリー及びこれを含む食品の摂取を控えること、自生あるいは自家栽培したコンフリーについても摂取を控えること、などを求めた。

 同日、食品安全委員会かび毒・自然毒等専門調査会は、「コンフリー(Symphytum spp.)が原因と思われるヒトの肝静脈閉塞性疾患などの健康被害例が海外において多数報告され、また、日本においてコンフリーを使用した健康食品等がインターネットを使って販売されていることなどから、日本においてもコンフリーを摂食することによって健康被害が生じるおそれがある」などとする見解をまとめた。

 たとえば、カナダ保健省は2003年12月、肝機能障害を起こすおそれがあるエチミジン(echimidine)を含む可能性があるとして、消費者に対しコンフリーあるいはコンフリーを含む健康食品を使用しないように勧告している(カナダ保健省)。

 厚労省の発表資料は、こちら。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正