2004.06.09

精上皮腫摘出後のカルボプラチン投与 3年後再発のない生存率は放射線と同等、対側精巣癌発症リスクを下げる可能性も

 ステージ1精上皮腫の治療では、通常、腫瘍のある側の精巣を摘出後、アジュバント放射線療法を行うが、これによって10〜20年後に他臓器の癌発症リスクを増加することが知られている。今回、放射線療法の代わりにカルボプラチン(一般名)による化学療法を行うことで、3年後再発のない生存率は放射線療法と同等だとする研究結果が発表された。またこの研究結果では、対側精巣の胚細胞腫瘍リスクを低下する可能性も示した。これは、6月7日に英St. Bartholomews HospitalのR. Timothy Oliver氏が、一般口演で報告したもの。

 同研究グループは、ステージ1精上皮腫の患者1477人を無作為に2群に分け、腫瘍のある精巣摘出後に、573人にはカルボプラチンを1回投与し、904人には放射線療法を行った。

 3年後に再発のない生存率について比較したところ、カルボプラチン群では94.8%、放射線群では95.9%と、両群で差はなかった。また2年後の同率は、カルボプラチン群が97.7%で放射線群が96.7%と、同じく差はなかった。

 さらに、残っている対側精巣に胚細胞腫瘍が発症したのは、カルボプラチン群で2人、放射線群では10人と、有意差はないものの、カルボプラチン投与によって同発症リスクを低下する可能性を示した。なお、追跡期間の中央値は4年だった。

 カルボプラチン群ではまた、治療の副作用による、無気力や吐き気、働くことができない、といった症状の期間が、放射線群に比べて有意に短かったとしている。

 Oliver氏は、カルボプラチンによるアジュバント化学療法が、対側精巣癌リスクのある人にとって、精巣を温存するための治療法として使える可能性があるとしている。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「HPVワクチン名誉毀損訴訟」で抱く違和感 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  2. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  3. 爪が雲母のように分離してます… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  4. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  5. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 看護師の採用に“コツ”はあるか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. 腎盂腎炎の診断でCVA叩打痛が当てにならないこれ… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  10. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正