日経メディカルのロゴ画像

2004.06.07

スタチン服用で大腸癌の発症リスクが半減、イスラエルの調査で判明

 スタチンはまさしく万能薬の様相を呈してきた。イスラエルの大腸癌患者と対照群約4000人に対する症例対照研究の結果、スタチン服用者は服用していない者に比べ、大腸癌の発症リスクが51%低いことが米Michigan大学のStephen Gruber氏らの研究で明らかになった。発表に先立って行われた6月6日の記者会見で同氏が概要を報告したもの。

 研究はイスラエル内で1998〜2004年にかけて実施された。病理学的に大腸癌と診断された症例群1849人と、性、年齢、人種を一致させた対照群1959人に対し、スタチン服用の有無を比較した。その結果、症例群ではスタチン服用者が5.8%だったのに対し、対照群では11.3%と対照群が有意に多く、オッズ比は0.49でスタチン服用者の大腸癌発症リスクは半減することが判明した。ただし、Gluber氏は、「観察研究であり、スタチンを大腸癌予防薬として推奨するエビデンスにはならない」としている。

 本研究の詳細は6月7日午後のプレナリーセッションで報告される。(中沢真也)