2004.06.06

非小細胞肺癌の骨転移は見逃されている可能性

 非小細胞肺癌(NSCLC)における早期の骨転移が見逃されている可能性がある。Royal Melbourne Hospital(オーストラリア)のLouis Irving氏は、6月5日のポスターセッションで文献的考察からこのように警告した。

 Irving氏は、肺癌骨転移の多くが臨床評価では見逃されているとしている。肺癌症例(各stageにまたがったNSCLC、SCLCの663例を対象)における骨転移発見率を骨シンチグラフィーで検討した試験をメタ解析した結果では、骨シンチグラフィーで発見された骨転移に対する臨床評価の感度は0.87、特異度は0.67であり、また、骨シンチグラフィーにより20%に骨転移が認められるとされている。

 しかし、NSCLC患者においてFDG-PETを用いて評価すると、Buryらの報告では、骨シンチグラフィーによる骨転移検出精度が0.66に対しFDG-PETは0.96、Hsiaの報告では同様に0.61に対し0.93と、骨転移の検出にはFDG-PETがより正確性に優れると報告した。

 そこでNSCLC(Stage 1〜3)167例に対しFDG-PETを行ったMacManusらの成績を見ると、Stage3NSCLCでは6%に骨転移が認められていた。ただしこの検討では胸部上腹部以外は造影しておらず、肺癌骨転移の好発部位である脊髄、骨盤、頭蓋への転移を見逃している可能性もある。

 これらの結果からIrving氏は「肺癌骨転移は末期肺癌で発見されること多いが、肺癌と診断された時点で始まっている可能性もある」と推測した上で、「骨転移の予防が予後改善に有用であるならば、無症候性骨転移の検出は重要である」と結論付けた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:266
  2. 指導者泣かせの新人 病院珍百景 FBシェア数:22
  3. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:107
  4. サンフランシスコで私はなぜ手を洗ったのか 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:27
  5. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:77
  6. 42 歳男性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:29
  8. 癌検診を受けない人は総死亡率が有意に高い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:19
  9. EGFR変異陽性肺癌の治療選択で改めて示されたT… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:50
  10. マイナンバーカードを使った資格確認の導入に向け改… 医療保険部会で厚労省が方針を発表 FBシェア数:29
医師と医学研究者におすすめの英文校正