2004.05.31

2004年診療報酬改定の影響度 診療所の3割が「減収」と予測

 今年4月実施の診療報酬改定の結果、約3割の診療所が減収を見込んでいることが、日経ヘルスケア21の「e定点観測」調査で明らかになった。調査は、同誌の調査に定期的に協力している130の診療所を対象に、この5月に実施したもの。103の診療所開業医から回答を得た(有効回答率79.2%)。回答者の平均年齢は46.6歳で、標榜している主な診療科目は内科53.4%、整形外科7.8%、外科6.8%など。

 診療報酬改定の影響度については、「増収になりそう」と回答したのはわずか4.9%。「ほぼ横ばい」が64.1%と多数を占め、「減収になりそう」と回答した診療所も30.1%を数えた。このため、2004年(2004年度)の医業収支を予測してもらった質問では、2003年(2003年度)に比べて「悪化すると思う」と回答した診療所が、やはり30%を超える結果となっている。

 この調査では、2003年(2003年度)の医業収支が、2002年(2002年度)より悪化の傾向にあることも明らかになっているが、今回の診療報酬改定でこうした状況に拍車がかかることになりそうだ。

 なお、調査結果は、日経ヘルスケア21の6月号「e定点観測」に掲載される。(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  3. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  4. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  5. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  6. 「HIV内定取消事件」で医療者の取るべき行動とは… 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  7. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  8. 受診券を用いた風疹抗体検査数、12万件超えに 39~56歳男性に対する「風疹の追加的対策」開始
  9. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  10. 「HPVワクチンの積極的な接種勧奨の再開を」 産婦人科医とともに堀江貴文氏らが訴え
医師と医学研究者におすすめの英文校正