2004.05.31

2004年診療報酬改定の影響度 診療所の3割が「減収」と予測

 今年4月実施の診療報酬改定の結果、約3割の診療所が減収を見込んでいることが、日経ヘルスケア21の「e定点観測」調査で明らかになった。調査は、同誌の調査に定期的に協力している130の診療所を対象に、この5月に実施したもの。103の診療所開業医から回答を得た(有効回答率79.2%)。回答者の平均年齢は46.6歳で、標榜している主な診療科目は内科53.4%、整形外科7.8%、外科6.8%など。

 診療報酬改定の影響度については、「増収になりそう」と回答したのはわずか4.9%。「ほぼ横ばい」が64.1%と多数を占め、「減収になりそう」と回答した診療所も30.1%を数えた。このため、2004年(2004年度)の医業収支を予測してもらった質問では、2003年(2003年度)に比べて「悪化すると思う」と回答した診療所が、やはり30%を超える結果となっている。

 この調査では、2003年(2003年度)の医業収支が、2002年(2002年度)より悪化の傾向にあることも明らかになっているが、今回の診療報酬改定でこうした状況に拍車がかかることになりそうだ。

 なお、調査結果は、日経ヘルスケア21の6月号「e定点観測」に掲載される。(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:0
  2. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:183
  3. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:318
  4. CPAPで鼻マスクと口鼻マスクを選ぶポイント Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:95
  5. イナビルのシェアをゾフルーザが奪う構図 医師1000人に聞きました FBシェア数:66
  6. 米コレステロール管理GL、5年ぶりに改訂 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:113
  7. 地方の医学部を「自動車学校」化しないために Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:29
  8. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:112
  9. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:107
  10. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:39
医師と医学研究者におすすめの英文校正