2004.05.31

2004年診療報酬改定の影響度 診療所の3割が「減収」と予測

 今年4月実施の診療報酬改定の結果、約3割の診療所が減収を見込んでいることが、日経ヘルスケア21の「e定点観測」調査で明らかになった。調査は、同誌の調査に定期的に協力している130の診療所を対象に、この5月に実施したもの。103の診療所開業医から回答を得た(有効回答率79.2%)。回答者の平均年齢は46.6歳で、標榜している主な診療科目は内科53.4%、整形外科7.8%、外科6.8%など。

 診療報酬改定の影響度については、「増収になりそう」と回答したのはわずか4.9%。「ほぼ横ばい」が64.1%と多数を占め、「減収になりそう」と回答した診療所も30.1%を数えた。このため、2004年(2004年度)の医業収支を予測してもらった質問では、2003年(2003年度)に比べて「悪化すると思う」と回答した診療所が、やはり30%を超える結果となっている。

 この調査では、2003年(2003年度)の医業収支が、2002年(2002年度)より悪化の傾向にあることも明らかになっているが、今回の診療報酬改定でこうした状況に拍車がかかることになりそうだ。

 なお、調査結果は、日経ヘルスケア21の6月号「e定点観測」に掲載される。(井上俊明、日経ヘルスケア21

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「医師になる気はない」と明言し医学部合格 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:123
  2. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼 FBシェア数:289
  3. 院内に1人はいる“確定申告漏れ” Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:32
  4. 何かに依存していることは悪いことか? 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:161
  5. 主訴<腹部激痛>なのに軟らかい腹の謎 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:59
  6. 悪液質症候群になったら栄養と補液をどうする? 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:114
  7. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:6
  8. 1歳男児。躯幹の小丘疹と手掌・足底の水疱 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大阪で麻疹が急拡大、1週間で35人の感染判明 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:5
  10. 「マザーキラー」を増殖させるワクチン後進国 記者の眼 FBシェア数:1166
医師と医学研究者におすすめの英文校正