日経メディカルのロゴ画像

2004.05.28

日経ヘルスケア21の開業実態調査で 早期に黒字化目指す低リスクの開業傾向が明らかに

 診療所の数は増え続け、年々開業環境は厳しくなっている。そこで、日経ヘルスケア21では開業医4000人に緊急調査を実施。その結果、早期に黒字化を目指す低リスク開業が増えていることがわかった。

 また、開業準備を進める上で最も役に立った情報は何かを聞いたところ、「先輩や友人・知人のアドバイス」が37.1%でトップ、2位は「コンサルタントの開業支援」(33.1%)となった。

 開業を成功に導くためには、できるだけ多くの情報を収集して、入念な準備を行うことが重要となる。そこで、日経ヘルスケア21の6月号の特集「新規開業の最新トレンド 独自調査でわかった賢い開業準備の進め方」では、これらの調査結果を紹介するとともに、情報収集の勘所について紹介した。ぜひご覧下さい。
(友吉由紀子、日経ヘルスケア21