2004.05.14

【糖尿病学会速報】 第47回日本糖尿病学会、東京国際フォーラムなどで開催

 5月13日から15日までの3日間、東京国際フォーラムを主会場に第47回日本糖尿病学会年次学術集会が開催されている。今期大会のメインテーマは、「糖尿病根治の時代への扉を開く」。参加者数は主催者見通しで約8000人、東京国際フォーラムでは手狭な印象だ。

 特別講演としては、米Chicago大学のGraeme Bell氏による「2型糖尿病の遺伝因子」、英Cambridge大学のJohn Todd氏による「1型糖尿病の遺伝、分子機構、予防」、東京大学の浅島誠氏による「構造と機能からみた器官形成と形づくり」の3題が設けられた。

 会長講演では、今期大会長で東京女子医科大学糖尿病センター長の岩本安彦氏が、「糖尿病センターにおける臨床と研究」と題し、東京女子医科大学糖尿病センターの30年間の実績を通して日本の糖尿病治療・研究の経緯と最新動向を紹介した。

 このほか、特別講演などとしてプレナリーレクチャー3題、学会賞受賞講演3題、シンポジウムが計12テーマ68題、ワークショップが6テーマ36題、アジアセッション、教育講演14題などが設けられた。一般演題は約1400題で、うち約730題がポスター発表となっている。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  2. 耳介後部の皮疹は播種性帯状疱疹? 隔離すべき? AntaaQAピックアップ
  3. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  4. 食欲不振、嘔吐が続く40歳代、患者の人生を変える… カンファで学ぶ臨床推論
  5. 脳動脈瘤、開頭か血管内治療か、どう決める? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  6. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  7. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  8. イニシンク、僅差でエクメットを上回り首位に NMO処方サーベイ
  9. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  10. 酸化マグネシウムが断トツ、安さと慣れで頻用 NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正