日経メディカルのロゴ画像

2004.05.11

真空採血管からの逆流を防ぐ「アームダウン方式」  日経メディカル5月号診療アップデート

 昨年末、医療現場で大混乱を引き起こした、細菌汚染された真空採血管からの血液逆流による感染問題。対策として厚生労働省が出した通達通りの採血法では、採血困難となる患者が多発した。年内には全ての真空採血管が滅菌製品に置き換わることになったが、滅菌採血管を使用しても、管内の試薬が逆流するリスクは存在する。

 採血管からの血液逆流を防止するためには、採血管の底を常に静脈穿刺部より下位に置く「アームダウン方式」の採用が有効だ。この記事では、血液の逆流が起こるメカニズムとともに、「アームダウン方式」の実際を、藤田保健衛生大短大の勝田逸郎氏らに解説してもらった(詳細は『日経メディカル』5月号診療アップデート「真空採血管からの逆流を防ぐ」)。

◆写真◆「アームダウン方式」による採血の姿勢 通常の採血台を用いる場合には、台の上にクッションを置き、非採血者の腕に十分な角度を付ける。

◆動画◆採血の実際:重要なポイントは、1.患者の腕を下向きにし、採血中は常に採血管が穿刺部より下にあるようにすること、2.採血管をホルダーからはずしてから駆血帯をはずすこと――の2点である。

こちらで実際の採血の様子がごらんいただけます。
ご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。