2004.05.06

設計・建設から融資まで開業を幅広く支援 リコーリースの「ドクターサポート」

 リコーリース(東京都中央区)が昨年4月から始めた診療所の新規開業向け融資「ドクターサポートローン」が、新しいタイプの商品として注目を集めている。この商品は、融資審査の際に、従来の銀行融資のように不動産担保だけに依存しない点が特徴だ。審査で重視するのは、経営者となる医師のキャリアや技術力、開業地における事業収益性、開業後のキャッシュフローなど。これらが十分に見込めれば、担保不足であっても融資を実sする。ケースによっては、無担保でも融資に応じることもあるという。

 融資限度額は1億5000万円、金利は年3.375〜5.375%、返済期間は最長15年。すでに40件の融資実績がある。

 また、ドクターサポートには、融資以外にも多様なサービスが用意されている。もともとの“本業”である医療機器などのリースのほか、診療所の立地の選定や土地の取得、建物の設計・建築についてのコンサルテーションや業者の斡旋なども手がける。開業の際に必要なサービスをワンストップで提供する点が大きな特徴だ。

 同社では、今後、年5000件程度のペースで診療所の新規開業が推移すると予測しており、「数年後には年間開業数の5%のシェアに当たる年間250件程度の開業を支援できるように商品の充実・強化を図っていきたい」(リコーリース・医療・福祉事業企画室)としている。

 なお、リコーリースの連絡先は03-5550-1727。(沖本健二、日経ヘルスケア21

◇近刊紹介◇「競合時代を勝ち抜くための診療所開業マニュアル」

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正