2004.04.27

【SARS速報】 中国のSARS流行でWHOの国際専門家チーム第一陣、28日から調査を開始

 世界保健機関(WHO)は4月26日、中国で新たに発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)流行の感染源調査などのため、疫学、ウイルス学、感染症対策、バイオセーフティなどの専門家を含むチームを同日派遣したと発表した。到着後、28日から調査を開始する予定だ。

 WHOでは、現在までに判明している情報から、感染源は北京の国立ウイルス学研究所である可能性が高いと見ている。同研究所ではSARSコロナウイルスの研究とワクチン開発が行われている。今回の感染者の中で、安徽省出身で安徽医科大の大学院生で国立ウイルス学研究所で研究に従事した26歳の女性と北京市在住で国立ウイルス学研究所勤務の31歳の男性が発症している。ただし、26歳女性の発症は3月25日、31歳男性の発症は4月17日と23日ものずれがあり、WHOでは、実験環境で複数回の感染機会があった可能性が高いと見ている。

 当局は研究所を閉鎖し、200人以上の職員を医学的観察下においている。また、研究所内から採取した膨大なサンプルをWHOとともに調査している段階だ。現在、感染者の接触者について、北京で640人、安徽省では353人が医学的観察下に置かれている。

 現在、公表されている8人の感染者のうち、6人は北京、2人は安徽省の在住者である。症状などの概要は次のとおり。

・北京市
1. 31歳男性、疑い例、4月17日発症、国立ウイルス学研究所の研究者。
2. 20歳女性、確定例、4月5日発症、看護師として安徽医科大学大学院生の26歳女性を看護した。
3. 症例2の父親、疑い例
4. 症例2の母親、疑い例、重症
5. 症例2のおば
6. 症例2の治療中、同じ病室にいた患者
・安徽省
7. 26歳女性、確定例、3月25日発症、安徽医科大学大学院生、国立ウイルス学研究所で研究に従事。
8. 症例7の母親、疑い例、4月8日発症、4月19日死亡。症例7に付き添って看護。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:266
  2. 指導者泣かせの新人 病院珍百景 FBシェア数:22
  3. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:107
  4. サンフランシスコで私はなぜ手を洗ったのか 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:27
  5. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:77
  6. 42 歳男性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:29
  8. 癌検診を受けない人は総死亡率が有意に高い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:19
  9. EGFR変異陽性肺癌の治療選択で改めて示されたT… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:50
  10. マイナンバーカードを使った資格確認の導入に向け改… 医療保険部会で厚労省が方針を発表 FBシェア数:29
医師と医学研究者におすすめの英文校正