日経メディカルのロゴ画像

2004.04.27

【SARS速報】 中国でさらに3人がSARSの可能性、感染者は合計11人か

 世界保健機関(WHO)は4月26日、中国保健当局からの報告で、現在SARS感染が確認されている8人のほかに、感染者の治療に当たった医師二人と、医師のうち一人の濃厚接触者の計3人が発熱していることを明らかにした。感染が確認されれば、中国のSARS感染者は少なくとも11人になる。

 感染源になった可能性があるのは安徽省の安徽医科大学の大学院生で国立ウイルス学研究所で研究に従事した26歳の女性。この女性は3月中旬に北京の国立ウイルス学研究所で研究に従事した後、安徽省に戻ってから発症し、北京と安徽省の3カ所の病院を受診した。その間、有症の状態で北京と安徽省の間を鉄道で往復している。このため、WHOは、現在判明している以外に曝露・感染が発生した可能性があるとしている。

 WHOのプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)