2004.04.14

【パナケイア:若手医師のために】 先輩が推薦する臨床研修病院、ほか

 今月から新シリーズパナケイア:若手医師のために】をスタートさせた。「パナケイア」とは、ギリシャ神話に登場する、すべての病気を治す女神の意味だ。再生医療、人工臓器、遺伝子治療などと、最先端医学の進歩は著しい。その恩恵を受けるはずの患う人は、医学が医療として広く普及してこそ救われる。「すべての病気を治す」という目標の前に、武者震いする若手医師は少なくないはずだ。先人の知恵を受け継ぎ、さらに発展させて後輩に引き継ぐ−−。そんな若手医師を応援するために、このサイト自身が成長していければと願う。

◆新刊紹介:診察エッセンシャルズ

 まずは最近掲載した応援トピックスを紹介する(随時更新)。

◆ 2004.6.2 パナケイア:若手医師のために】
2004年の研修医マッチングスケジュールが決まる


◆ 2004.5.25 新シリーズパナケイア:若手医師のために】(7)
循環器学会サイト関連調査から、先輩が推薦する臨床研修病院


◆ 2004.4.23 新シリーズパナケイア:若手医師のために】(6)
循環器学会サイト関連調査から、先輩が推薦する臨床研修病院
「多くの症例に短期間で当たれる」で「国立循環器病センター」


◆ 2004.4.20 新シリーズパナケイア:若手医師のために】(5)
循環器学会サイト関連調査から
先輩が推薦する臨床研修病院、「現場の力」で「聖路加国際病院」


◆ 2004.4.16 新シリーズパナケイア:若手医師のために】(4)
循環器学会サイト関連調査から
先輩が推薦する臨床研修病院、「沖縄県立中部病院」がトップ


◆ 2004.4.9 新シリーズパナケイア:若手医師のために】(3)
日経メディカル「ランキング」に見る研修病院の実力
総合大雄会病院、豊橋市民病院、札幌厚生病院、松下記念病院の姿


◆ 2004.4.5 新シリーズパナケイア:若手医師のために】(2)
日経メディカル「ランキング」に見る研修病院の実力
日鋼記念病院、倉敷中央病院、国保旭中央病院の姿


◆ 2004.4.2 新シリーズパナケイア:若手医師のために】(1)
日経メディカル「ランキング」に見る研修病院の実力
聖路加国際病院、岸和田市民病院、聖隷浜松病院の姿



◆04.13  “国営”大学病院、変身への苦闘−−日経メディカルの特集

◆04.06  東大病院が大胆に変身
医局制度廃止やプライマリケア重視の臨床研修も


◆02.20  2005年度の研修医募集に向け
北海道が卒後臨床研修の説明会を東京で開催

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正