2004.04.13

【ACC2004:循環器治療の最新動向に関する調査】No.3 今後注目すべき循環器疾患、「本態性高血圧」が66.3%でトップ



 MedWaveは、米国心臓学会(ACC2004)を機に「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施した。その続報を報告する。

 調査では、今後注目すべき循環器疾患は何なのか、ALLHATの発表後に降圧薬の処方動向は変化したのか、循環器疾患の診療に携わる医師が関心を持っているテーマは何なのか、などを尋ねた。

 今後注目すべき循環器疾患を挙げてもらったところ、「本態性高血圧」が66.3%でトップだった(上の図)。

 2位は「急性心筋梗塞」(61.5%)、3位は「脳梗塞」(59.6%)だった。「狭心症」と「不整脈」も50.0%で半数に達していた。

 参考までに、2年前の同様の調査では、「急性心筋梗塞」が1位で、「心不全」と「動脈硬化」が同率2位だった。「本態性高血圧」は60%(回答者数50)で同率4位。調査の規模など違いがあるのでいちがいには言えないが、この2年間で医師の注目度が大幅にアップしたことになる。 

 もっとも注目すべき循環器疾患を尋ねた結果では、やはり「本態性高血圧」が29.8%とトップだった(下の図)。

 2位は「動脈硬化」で23.1%。3位は「急性心筋梗塞」で19.2%だった。

 2年前の調査結果では、「動脈硬化」がトップ。「心不全」が2位、「急性心筋梗塞」が3位だった。「本態性高血圧」は14%で4位(回答者数50)だった。
 


 調査は、MedWaveの会員医師にアンケートへの協力を呼びかけ、3月8日から22日までに104人の協力が得られた。回答者のプロフィールは表の通り(お忙しい中、調査にご協力いただきましてありがとうございました)。
(三和護)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正