2004.04.13

最高裁が上告棄却、元院長の有罪が確定 都立広尾病院の点滴ミス事件

 4月13日午前10時半、最高裁第三小法廷(濱田邦夫裁判長)で、医師法21条違反、虚偽有印公文書作成・同行使に問われた、都立広尾病院の元院長の岡井清士被告の判決があり、同被告の上告が棄却された。

 高裁では、懲役1年、執行猶予3年、罰金2万円が言い渡されていた。

 判決理由として、1.医師法21条は死体を検案して異状が認められる場合、自己が診療していたか否かを問わず、届け出る必要がある、2.この届け出は、自らが業務上過失致死罪などの罪に問われる可能性がある場合でも必要であり、医師という資格の特質などを鑑みると、これは憲法38条の「何人も、自己に不利益な供述を強要されない」に違反するものではない−−などを挙げた。

 都立広尾病院の事件は、1999年2月、看護師が消毒液を点滴薬と勘違いして、誤投薬した事件。警察への届け出は、患者の死亡後11日目と遅れた。

 点滴ミスをした看護師ら二人は業務上過失致死罪で有罪(懲役1年執行猶予3年、懲役8カ月執行猶予3年)、当時の主治医も略式起訴で罰金刑(2万円)が確定している。
(橋本佳子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1710
  2. 「20日間無料」のサービスに申し込んだら… 開業の落とし穴 FBシェア数:9
  3. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:74
  4. 終末期癌患者の鎮静に8年ぶりの手引き リポート◎鎮静に新たな概念を導入 FBシェア数:449
  5. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革 FBシェア数:328
  6. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:292
  7. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:4
  8. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  9. 製薬マネーの減少が学会を窮地に追い込む 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《2》 FBシェア数:1274
  10. 2040年に必要な病院は今の半分、4000ぐらい… シリーズ◎医療・介護業界を襲う「2040年問題」 FBシェア数:161
医師と医学研究者におすすめの英文校正