日経メディカルのロゴ画像

2004.04.01

日本医師会、写真・イラストでたばこの危険性訴える警告表示を提唱

 日本医師会は3月30日、同会禁煙推進委員会の報告として、たばこのパッケージに掲載する有害性の警告表示案を発表した。警告表示はパッケージの「主たる表示面」(前面と裏面)の50%以上を占めるようにし、必ず写真やイラストを入れる。警告文は20文字前後の簡潔な文章にし、一目で理解できるようにすべきだとしている。例えば、「喫煙はあなたに肺がんを起こします」として、肺気腫病変がある喫煙者の肺と非喫煙者の肺を写真で対比する案を提示している。

 財務省も国際的な禁煙推進の流れを受けて、2005年7月から警告表示の改定を予定しているが、警告は主表示面の3割以上としているほか、文言が長く、やや読みづらい。妊娠女性に対する警告文面は次のようなものだ。

 「妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。(詳細については、厚生労働省のホーム・ページをご参照ください)」。

 これではかえって警告として訴求力が弱いというのが日本医師会の見解だ。(中沢真也)