2004.03.29

第68回日本循環器学会が東京・国際フォーラムで開催中

 3月27日から29日までの3日間、東京都千代田区の東京国際フォーラムで第68回日本循環器学会総会・学術集会が開催されている。会員数2万1144人の基幹学会にふさわしく、2000題を超える一般演題が口演、ポスター、Featured Research Sessionとして提示されているほか、招待講演、シンポジウム、プレナリーセッションなど多数の特別演題が、東京国際フォーラムのほぼ全館に当たる17会場と地下ホールのポスター展示場、展示会場特設ステージなどで発表・討論されている。27日現在の参加登録者数は約7400人となっている。

 今期の大会テーマは、「循環器学の社会への貢献−基礎・臨床・予防」。禁煙推進市民公開講座や、別会場で市民向けに自動体外式除細動器(AED)の使い方を学ぶ心肺蘇生法体験講習会を開催するなど、医師、コメディカル、市民の連携を協調している。

 本学会では第65回大会以来、英語による発表が奨励されている。一般口演、ポスター発表の約4割が英語で行われている。今期会長で日本大学内科学講座内科2部門教授の上松瀬勝男氏は、「この方針に批判があることも事実だ。しかし、世界では英語による発表、投稿以外は全く相手にされない。若手研究者の練習の場を提供する意味もあり、今期も踏襲した」という。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「発光する」鈎、暗い術野を明るく照らす トレンド【動画付き】◎小切開手術に役立つコードレス鈎 FBシェア数:181
  3. 「暴れる患者」をどうしていますか? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:73
  4. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:316
  5. 銀杏の食べ過ぎで小児が痙攣を起こす理由とは 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:69
  6. 風疹の流行、首都圏から全国へ拡大か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:49
  7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1349
  8. 糖尿病、5つの危険因子の管理でイベント増えず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:151
  9. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  10. 自院のHP、「記載内容の限定解除」って何? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正